総合 生活 情報 ネット 疑問

震災

震災対策〜保険ライフ

震災対策は、日ごろから欠かせないものです。地震は予測ができません。それだけに、日ごろからの備えが大切になってきます。阪神・淡路大震災を機に、震災に対する関心は大きくなりました。耐震設計の強化や、学校の授業で震災体験を取り入れるなどの震災対策もあります。引越し業者も、震災対策に取り組んでいます。タンス...

≫続きを読む

 

震災支援〜保険ライフ

震災支援は、どのようにしたらいいのか分からないことが多いと思います。被災地の方に何かしたい、何か役に立てることはないかと、多くの人が考えるでしょう。しかし、衣類などを一方的に送っても、本当の震災支援にはなりません。送られた方も受け入れ態勢が整わない場合が多いので、支援物資を被災者の元に届けるのは難し...

≫続きを読む

 

震災体験〜保険ライフ

震災体験は、学校の授業でも取り入られられています。昔の避難訓練といえば、火災に対するものが主体でした。社会情勢の変化に伴い、火災だけではなく不審者対策や震災対策なども盛り込まれるようになっています。多くの学校では地震車を要請し、避難訓練の後で震災体験をさせることが多いようです。震災体験では、震度6〜...

≫続きを読む

 

震災復興〜保険ライフ

震災復興には、多大な時間と費用がかかります。倒壊した瓦礫の撤去だけでも、容易なことではありません。震災復興の第一歩は、こうした瓦礫の撤去から始まります。電気・ガス・水道のライフラインの確保をするにしても、道路が使えない状態ではどうにもならないからです。個人所有の土地家屋は、持ち主がこの処理を負担する...

≫続きを読む

 

震災対応〜保険ライフ

震災対応は、ぜひとも覚えておきたいことの一つです。地震はいつ起きるか予測できませんし、震災対応の方法で命が助かる可能性が高くなるのです。まず、揺れを感じたら部屋や玄関の戸を開けておきます。地震で建物が傾いたりすると、部屋や玄関の戸がゆがんで開かなくなることがあります。逃げ道を確保するという点において...

≫続きを読む

 

震災保険〜保険ライフ

震災保険は、一般的に地震保険とも呼ばれます。家を購入したとき、火災保険をかけておくのは一般的に行われています。火災に遭えば保険があると思っている人も多いのですが、原因によっては補償が受けられないケースがあります。いい例が、阪神・淡路大震災です。最も被害の大きかった長田区は、火の海となってしまいました...

≫続きを読む

 

耐震設計〜保険ライフ

耐震設計住宅は、阪神・淡路大震災以降、急速に開発や改良がされてきました。現在でも各住宅メーカーでは改良が行われており、より地震に強い家がうたい文句になっているといってもいいでしょう。耐震設計の基本は、地震の衝撃をどのように分散させるかにあります。基礎をがっちり固め、その上にしっかりした骨組みを作って...

≫続きを読む

 

阪神・淡路大震災〜保険ライフ

阪神・淡路大震災は、戦後最大の震災です。1995年(平成7年)1月17日未明に、淡路島北部を震源地として発生しました。阪神・淡路大震災は淡路島をはじめとする兵庫県に大きな被害をもたらし、神戸市街地を壊滅状態に追いやったのです。被害はなかったものの、阪神・淡路大震災の揺れは広範囲に及びました。日本で観...

≫続きを読む

 

震災列島〜保険ライフ

震災列島といわれる日本では、全国の各地で毎日のように地震が起きています。地震は、火山活動と無縁ではありません。桜島などいくつかの活火山と、富士山という最大の休火山をもつ日本列島は、マグマの上に位置するといってもいいでしょう。震災列島との異名があるのも、無理からぬことでしょう。震災列島といわれるわりに...

≫続きを読む

 

震災記念館〜保険ライフ

震災記念館は、震災で命を落とされた方の冥福を祈るとともに、震災の怖さを次世代に伝えていく役割を担っています。震災直後は被害状況などが克明に報道されますが、それもだんだんと少なくなっていきます。復興の様子などが報道されることは、ほとんどないといっていいでしょう。震災のときのことを、思い出したくないとい...

≫続きを読む

 

震災報道〜保険ライフ

震災報道の最初は、ニュース速報からはじまります。震度1〜3程度であれば、テレビ画面の上にテロップが流れておしまいといったケースが多いようです。中型地震になり、ある程度の被害がでると、まず速報で震災報道をします。被害状況などがテレビ局に集まったところで、一斉に報道センターからの震災報道が始まります。震...

≫続きを読む

 

震災疎開〜保険ライフ

震災疎開とは、被災者が一時的に被災地から離れることをいいます。大規模な地震の場合、すぐに復興作業にかかれるわけではありません。余震などによる二次災害も考えられるので、それを避けるために震災疎開をする人もいます。震災疎開の先は、多くの場合が近県の近しい親類です。被災地からあまり遠くに離れてしまうと、災...

≫続きを読む

 

震災ボランティア〜保険ライフ

震災ボランティアは、震災が起きたときに何にも勝る力になります。震災被害者は、何もかもを失ったと思っています。そこへ駆けつけてくれる震災ボランティアは、被災者の何よりの力となるでしょう。自分たちを助けてくれる人がいるというのは、心強いものです。震災ボランティアは、生半可な気持ちではできません。でも、現...

≫続きを読む

 

震災モニュメント〜保険ライフ

震災モニュメントは、さまざまな形で被災地にあります。全国的に有名なのは神戸のルミナリエでしょうか。阪神・淡路大震災の復興後、震災モニュメントとしてはじまりました。今ではすっかり神戸の風物詩となり、デートコースや観光コースとなっています。阪神・淡路大震災から10年以上が経過し、あれだけの被害をだした震...

≫続きを読む

 

震災義援金〜保険ライフ

震災義援金は、だれもが行えるボランティアのひとつです。震災復興のためには、莫大な費用を必要とします。特に公共性の高い建物などは、早期の機能回復が要求されますが、予算的な問題も生じてきます。大規模な震災の場合、被災者の多くは着の身着のままで避難所にやってきます。衣類や食物、水など生きるためには、それら...

≫続きを読む

 

震災廃棄物処理〜保険ライフ

震災廃棄物処理は、復興にあたって避けて通れないものです。震災廃棄物処理が終わらないことには、復興ははじまりません。倒壊した建物や家具など、廃棄物の種類は多岐にわたります。廃棄物処理場が被災地にあれば、そこはまったく機能しないことになります。震災廃棄物処理は、被災地から最も近い処理場で行うほかありませ...

≫続きを読む

 

震災対策条例〜保険ライフ

震災対策条例は、各地方自治体で次々と制定されています。阪神・淡路大震災後に制定されたものが大半を占め、教訓を踏まえて制定されています。震災対策条例で核となっているのは、電気・ガス・水道などのライフラインの早期回復です。これらの確保と復旧策を明文化することで、パニックを防ぎ、さらなる被害を食い止めるこ...

≫続きを読む

 

震災技術展〜保険ライフ

震災技術展は、防災にかんする商品を扱った企業が、一同に介する展覧会です。震災技術展への来場者は企業の防災担当者や地方自治体、病院・福祉関係者など、あらゆる分野にわたります。震災技術展のメリットは、防災用品をはじめとする震災対応の技術や商品が一度に見られる点にあります。震災技術展は各地で定期的に行われ...

≫続きを読む

 

震災予防調査会〜保険ライフ

震災予防調査会は、明治25年、当時の文部省内に設立されました。その前年、明治24年に起こった濃尾地震を機に、後の東大教授・松澤武雄氏の提唱によるものです。地震の仕組みもわからなかった時代に、こうした機関が設立されたのは画期的といえます。震災予防調査会の主な目的は、震災の予測と予知にあります。現実には...

≫続きを読む

 

震災センター〜保険ライフ

震災センターは、1995年4月に設置されました。震災センターを提唱したのは、日本科学者会議兵庫県支部と兵庫県労働運動総合研究所です。発端となったのは、阪神・淡路大震災です。都市部を襲った大型地震は、震災における多くの問題を浮き彫りにしました。震災センターでは早急に解決しなければならない問題に取り組む...

≫続きを読む

 

震災記録〜保険ライフ

震災記録は、今後の防災を考えるうえでの重要な資料です。最も古い公的な震災記録は、関東大震災になります。関東大震災における震災記録の報告書は2通しかなく、おおよその被害状況を伝えるものにすぎません。当時は地震の仕組みもわかっておらず、詳しい震災記録も作成できなかったものと思われます。震災記録には、震災...

≫続きを読む

 

新潟県中越地震〜保険ライフ

新潟県中越地震は、2004年10月23日に発生しました。阪神・淡路大震災に次ぐ、平成における大震災の一つです。新潟県中越地震の大きな特徴は、震源地が地下20キロと非常に浅かったことです。そのため、余震も震度6といった大きなものが何度も観測されています。また、新潟県中越地震では、2ヶ月以上にわたって大...

≫続きを読む

 

日本震災パートナーズ〜保険ライフ

日本震災パートナーズは、損害保険会社のひとつです。他の損害保険会社と、日本震災パートナーズの大きな違いは、地震保険に力を入れている点でしょうか。日本震災パートナーズの新型地震保険には4つの大きな特徴があります。まず、震災後の生活再建にかんするバックアップです。既存の地震保険では、建物の補償が主体とな...

≫続きを読む

 

震災記念公園〜保険ライフ

震災記念公園は、震災モニュメントのひとつです。普通の公園と異なるのは、震災被害を伝えるものが必ず含まれています。なかでも北淡町震災記念公園には、野島断層がありのままに保存され、展示されています。オープンは平成16年12月1日で、震災体験館の一部です。北淡町震災記念公園で展示されている活断層は、阪神・...

≫続きを読む

 

震災特例〜保険ライフ

震災特例は、さまざまな面から被災者をサポートするものです。震災特例は法令化されており、主に被災者の経済的側面をカバーするようになっています。最も震災特例の適用が多いのは、公的住宅においてです。被災で家屋を失った人は、市営住宅や県営住宅、雇用促進住宅などに一時的に入居するケースが少なくありません。当然...

≫続きを読む

 

震災住宅〜保険ライフ

震災住宅は、被災したものの全壊にはいたらなかった住宅をさします。このような震災住宅は、修繕して住み続ける人が多いです。全壊してしまえば、建て替えるしか方法はありません。しかし半壊や、少し手を加えれば使える震災住宅は、修繕して住むという考えが少なくありません。震災住宅の修繕と補修は、所有者の経済的な負...

≫続きを読む

 

震災見舞い〜保険ライフ

震災見舞いは、いくつかあります。ひとつは入院見舞いなどのように、個人的な縁故関係による震災見舞いです。あくまで個人的なものなので、恐らくそれほどの金額にはならないと思います。しかし、親や兄弟など近しい間柄の場合、「家の修繕費用に」と援助を兼ねた震災見舞いをおくることもあります。いくら震災見舞いとはい...

≫続きを読む

 

震災の帯〜保険ライフ

震災の帯は、活断層の部分にみられます。大規模な地震では、大きな震度は帯状に出現します。これは硬い岩盤層の上に、緩い地盤が帯状に堆積することが原因です。これを一般的に「震災の帯」と呼びます。震災の帯は、活断層のある場所では一般的にみられます。震災の帯の状態によって、被害の状況が異なります。ありていにい...

≫続きを読む

 

道路震災対策便覧〜保険ライフ

道路震災対策便覧は、道路の震災対策にかんする技術的な手引書です。道路震災対策便覧は、地震防災研究室が作成したものです。作成しただけでなく、震災が起こるたびに問題点を掘り起こし、改訂も行っています。道路震災対策便覧には、震前対策編、震後対策編、震災復旧編から成り立っています。このうち震後対策編は、名称...

≫続きを読む

 

震災予防協会〜保険ライフ

震災予防協会は、1941年に設立されました。震災予防協会の目的は、震災予防の方法を研究し、その実施と普及を図ることです。当初は単独で活動を行ってきましたが、1984年に日本地震工学振興会と合体して活動を行うようになりました。この合体は、寄付行為を大幅に改訂したためと、地震工学と国際交流発展のためです...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ